リスク細分型自動車保険を利用して、自動車保険を安くしよう


金融庁が定める保険業法施行規則では以下の9つのリスク要因に対して各社が独自に保険料の料率を設定することが可能になっています。

年齢、性別、運転歴、使用目的、使用状況、車種、安全装備、所有台数、地域

「リスク細分型自動車保険」では上記のリスク要因をさらに細分化します。
そしてそれら細分化されたリスク要因に対して各保険会社独自の料率やオプションを設定し、その保険会社の特色をアピールしているのです。

このように細かなリスク要因への独自料率設定、オプション設定により各社の保険料は異なってきます。自動車保険を安くするためには「リスク細分型自動車保険」を上手に利用し、自分のカーライフスタイルにあった(有利な)条件を見つけることが大事なのです。

★ポイント:「リスク細分型自動車保険」で自分に有利な条件を見つけよう!

といっても、「リスク細分型自動車保険」にもデメリットがあります。

スポンサード リンク



「リスク細分型自動車保険」にもデメリット


「リスク細分型自動車保険」はリスク要因を細分化し、保険加入者が事故を起こす可能性が低くなる区分になると保険料は低くなります。
しかし事故を起こす可能性が高い区分になってしまうと保険料は逆に高くなってしまいます。
このように「リスク細分型自動車保険」は「必ず安くなる」ものでは無く、条件によってはこれまで加入していた保険より高くなってしまうことも考慮しておくことが必要となります。

★「リスク細分型自動車保険=必ず安い」とは限らない!

■保険を見直して、節約!
生命保険、自動車保険を見直すと、人によりますが、月間数千円、数万円節約できますよ!無料なので、試してみてはどうでしょうか。ちなみに、自動車保険の一括見積もりができるサービスも以下のリンク先にあります。気になる人は、以下をクリックしてみてくださいね。
生命保険、自動車保険の見直し

保険の節約〜体験談のトップページ

スポンサード リンク