ダイレクト保険を利用して、自動車保険を安くしよう


自動車保険の契約方法としては主に2通りあります。
それは、これまで一般的となっていた「自動車販売ディーラー」や「代理店」を通じて販売される保険と、保険加入者自身がインターネットや電話などを通じて直接保険会社と取引する保険(ダイレクト保険や通信販売保険とも言われています)です。
これら2通りの販売方法によって何が違ってくるのでしょうか?

スポンサード リンク



「自動車販売ディーラー」や「代理店」を通じて販売される保険


前者(自動車販売ディーラーや代理店を通じて販売される保険)の場合、ディーラーや代理店を通じて保険加入契約するわけですが、このようにして販売された保険の保険料には「代理店手数料」や代理店等などの人件費・維持費などの中間コストが保険料に影響しています。


ダイレクト(通信販売)保険


後者(ダイレクト通信販売)保険は保険加入者と保険会社が直接取引きすることによりそれらの中間コストをカットすることが可能になるためその分、保険料が安くなることになります。

つまりダイレクト(通信販売)保険は「中間コストをカットすることにより保険料が安く抑えられている保険」なのです。
ちなみに現在加入されている保険からダイレクト保険に切り替えたとしてもノンフリート等級は引き継がれますのでご安心下さい。

★ポイント:ダイレクト(通信販売)保険を活用しよう!

■保険を見直して、節約!
生命保険、自動車保険を見直すと、人によりますが、月間数千円、数万円節約できますよ!無料なので、試してみてはどうでしょうか。ちなみに、自動車保険の一括見積もりができるサービスも以下のリンク先にあります。気になる人は、以下をクリックしてみてくださいね。
生命保険、自動車保険の見直し

保険の節約〜体験談のトップページ

スポンサード リンク