入院給付金の支払限度について考えるべし!


医療保険の給付金は入院している限り無制限にもらえるものではありません。給付日数には以下の通り限度が決められています。
 ・1入院あたりの日数 ・・・ 60日・120日・180日・360日・730日・1000日・1095日など
 ・通算入院日数 ・・・・ 700日・730日・1000日・1095日など

例えば、「よ〜く考えよう〜♪」でおなじみのアフラックの「EVER」という商品は、「1回の入院で最高60日、通算で1,000日まで保障」です。保険会社によっては、1回あたりの入院日数や通算入院日数を選べるタイプのものもあります。前述の通り、年齢や病気によって入院日数は違います。入院日数が増える60代以降は120日以上のタイプにするなどの見直しが必要になると思います。
また、通算日数に関しては長ければ長い方が万一の場合に安心ですが、長くなるほど保険料も割高になりますのでコストとの兼ね合いで考える必要があります。

つまり、保険に加入するときは、「万が一のことを考えて、できるだけ長い期間」を選んでしまいがちですが、そうすると、保険料が高くなってしまうので、やはり、貯蓄でカバーできそうであれば、貯蓄でカバーできる範囲を考えて、それで足りない部分を、保険で賄うという感じがいいのかなと思います。

■保険を見直して、節約!
生命保険、自動車保険を見直すと、人によりますが、月間数千円、数万円節約できますよ!無料なので、試してみてはどうでしょうか。ちなみに、自動車保険の一括見積もりができるサービスも以下のリンク先にあります。気になる人は、以下をクリックしてみてくださいね。
生命保険、自動車保険の見直し

保険の節約〜体験談のトップページ

スポンサード リンク